「ふれんど種まきファンド」 ~継続的ご支援のお願い~

  昨年130周年を迎えた普連土学園は、それぞれの時代の生徒やその家族のニーズに合わせた教育を提供してきました。6名の教師と3名の生徒から始まった普連土学園は、今では約100名の教師と約800名の生徒が学び、教育、医療、宇宙、科学、福祉、法律、経済、芸術など、広く社会に貢献する人材を輩出しています。

  先輩・先人たちは、母校のため後輩のためにと、長きにわたり、様々な形で学園を支援してくださいました。そして、一昨年に始まったこの「ふれんど種まきファンド」にも、おかげさまで多くの皆さまからのご支援を賜り、その想いが学園に届いております。

  学園は皆さまのご支援を引き続き必要としております。今後とも、普連土学園の教育をお支えくださいますよう、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

写真左:ロボットコンテストチーム / 写真右:フォークダンス部
種まきファンドロゴ制作:伊東公子(83回生)
2018年リーフレットデザイン:南川麻由子(100回生)

(このページは2018年2月発行のリーフレットをもとに作成しています)